不妊症や不育症でお産を諦めてしまう前に大阪の婦人科・さくま診療所にご相談ください。

  • 緊急避妊ピル・避妊相談
  • 低用量ピル(OC)処方
  • 無痛中絶手術
  • 性感染症(STD)
  • 不妊・不育相談/妊婦健診
  • 月経トラブル
  • 子宮がん・乳がん検診
  • 不正出血
  • 子宮と卵巣の病気
  • 更年期障害
  • 性同一性障害(GID)

元気な赤ちゃんを授かるためにも、身体を労りながら不妊症・不育症の治療をしてまいりましょう。

赤ちゃんがなかなか授からない、やっとの思いで授かった我が子を誕生
させてあげられない…、それぞれ様々な不安の中でお悩みを抱えている
ことと思います。患者様の中には、パートナーに打ち明けることも
出来ず、お一人で苦しまれている方も多くいらっしゃいます。
当診療所には長年、不妊症・不育症を専門に治療を行ってきた、専門の
医師が常駐しており、患者様のお悩みから治療方針までひとつひとつ
丁寧にお話を重ねながら、患者様に寄り添った診療を行っております。
抱え込んだつらさはどうぞ私たちに安心してご相談ください。

不妊症とは『特別に避妊をせず、普通の夫婦生活を一定期間(1年間以上)続けられても妊娠に至らない場合』を指します。
不妊症治療では「パートナーの協力」と「頑張りすぎないこと」が治療を行う上で特に大切なことと私たちは考えています。

不妊症は2人合わせての診断名です。
不妊症の原因は、女性側、男性側、女性と男性の両方にある場合もあれば原因不明の
場合もあります。「どちらか」だけの問題ではありません。原因を調べるためにも、
不妊治療を行っていく上でも、パートナーに協力していただくことがとても大切です。

一生懸命に頑張りすぎて苦しくなってしまうと、自分自身もつらく、赤ちゃんも授かりにくい
状態になってしまいます。
患者様の事情は様々で、年齢も20代から40代の方までと幅広く、不妊治療はそれぞれに
合った治療の内容とペースですすめていきます。当診療所では、患者様の心身の健康を
第一に考えることを重要と考えています。あなたに合った歩幅で一緒に歩いていきましょう。

カウンセリングのみ受けることも可能ですので、お気軽にご相談ください。
不妊治療専門の医師がお話をお伺い致します。お一人で来られてもご夫婦で来られても
大丈夫です。「セックスレスで悩んでいる…。」「早く子どもが欲しいけど不妊治療を
受けた方がいいか迷っている」など、不妊に関するお悩みがあれば何でもお話ください。

まずは患者様のお悩みや不安について、専門医がじっくりお伺いしていきます。
私たちは、来院されたらほっとできるような、自分たちの家族を迎え入れる
ような気持ちでいつでもお待ちしております。
「不妊の相談をしたいけどどうすれば良いか分からない」「専門施設は敷居が
高くてためらってしまう…。」など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

当診療所ではタイミング療法や人工授精といった一般不妊治療を中心に
治療を行います。昨今の不妊治療ではすぐに体外受精に移行する流れが
増えていますが、多くの方は一般不妊治療で妊娠が望めます。
不安なこと、分からないことは、きちんとご説明をさせていただき、いつも
患者様のお気持ちに寄り添いながら、検査や治療をすすめていきます。

  • 初回の診療ではお悩みや
    不安の内容を専門医が時間
    をかけてお伺いします。
  • 採血や基礎体温の計測などを行い、お体の状態を診ていきます。
  • カウンセリングと検査結果より今後の治療方針を一緒に考えていきます。
  • 週3~4回程の頻度で通院いただき患者様に寄り添った治療を行います。

※患者様によって検査項目数が異なります。
※一部自費負担となる検査項目もございます。

治療前に、治療方針を決めるため不妊症スクリーニング検査を行います。
検査の結果を元に、患者様の年齢や生活やお身体の状況、家族計画、
何より患者様のお気持ちを大切にし、患者様お一人おひとりに合った
治療方針を一緒に考えていきます。
※スクリーニング検査は、月経周期によって行うことのできる検査項目が
 決まっているため1-2周期かけて検査を行っていきます。

  • ・採血:感染症の有無、ホルモン量と卵巣機能を確認
    ・基礎体温測定:ホルモンバランスをみる
    ・超音波検査筋腫や内膜症がないかの確認
    ・内分泌検査ホルモン値を採血でみます
  • ・クラミジア検査:クラミジア感染症の有無
    ・卵管疎通性検査:子宮卵管造影、卵管通水など
    ・精液検査男性側の検査
    ・頸管因子検査性交後試験=ヒューナーテスト

治療方針が決定したら、患者様それぞれに合わせた治療方法で不妊治療をすすめていきます。
当診療所で行っている主な治療法はタイミング療法と人工授精(AIH)になります。
通院回数は通常は月3~4回ですが、治療内容や検査のタイミングによって異なる場合もあります。

排卵周期を基礎体温表で測り、予測した排卵の時期に性行為を持つことにより
妊娠の確率を高める方法です。排卵障害や排卵日が不安定な方に効果があります。
排卵がうまくできない人には排卵誘発剤を併用することもあります。

人工授精(AIH)はパートナーの精液から運動精子を集め出し、いずれかの部位に
注入する方法です。子宮の中に入れる子宮腔内受精(IUI)を行うことが一般的です。
タイミング療法と同じく妊娠率向上のため、排卵誘発剤を併用することがあります。 

治療で使用するお薬は、排卵誘発剤、女性ホルモン剤が主となります。
治療などで扱うお薬についても、必ずご説明させていただき、患者様に
ご理解をいただいてから使用を開始していきます。

患者様とお話させていただき、これまでの経過などをふまえて、体外受精の対象となった場合は、
信頼できる不妊専門クリニックをご紹介させていただきますので、ご安心ください。

これまで人工授精や体外受精など、不妊治療に関する全般を診てきました。
治療については様々な情報が飛び交う世の中ですので、医学的に正しい
情報をありのままお伝えしていきたいと考えています。
患者様の年齢やそれぞれのご事情、現在のお身体の状態はもちろん、
お気持ちも大事にし、患者様の希望する方法を一緒に考え選択して
治療のお手伝いをさせていただきたいと思っております。
佐久間院長は私の先輩にあたり、厚い信頼関係があります。
院長はもちろん、私にもどうぞお気軽にご相談ください。

  • 出身地 広島県 幼少期より兵庫県西宮市で育つ
  • 平成14年 大阪医科大学卒業
  • 同年 大阪医科大学産婦人科入局
  • 平成15年 高槻赤十字病院
  • 平成16年 大阪医科大学産婦人科助手に着任
  • 平成17年 公立宍粟総合病院
  • 平成19年 大阪医科大学産婦人科助教に着任
  • 平成28年 山下レディースクリニック入職
  • 平成30年 さくま診療所入職

日本産科婦人科学会(学会認定医)日本受精着床学会 / 母体保護法指定医
日本生殖医学会(生殖医療専門医)日本産科婦人科内視鏡学会(腹腔鏡技術認定医)

「治療を少し休みたいです」という方には休憩することもお勧めしています。
治療が大きなストレスとなっていた場合、治療を休んでいる間に自然妊娠をするケースもあります。
患者様の妊娠が私たちにとって最高にして唯一の目標なので、素直にとてもうれしいです。
走り続けることが最善とは限りません。
私たちは、勇気を持って設ける休憩期間も決して無駄ではないと考えています。

「今の治療がいいのか、他の先生の意見も聞きたいけどいいのかな…。」
「主治医の先生は忙しそうで、なかなか聞きたい事が聞けない。」など不安に
思う患者様もセカンドオピニンの方も遠慮なさらずご相談にいらして下さい。
当院は予約制ではありませんので、お気軽にお越しいただければと思います。

妊娠はするけれど、流産や死産、新生児死亡などを繰り返し、なかなかお子さんの誕生にたどり着けない
状態は患者様のお身体だけでなく心にも、大きな負担がかかります。
不育症はストレスや染色体異常、子宮の状態など様々な要素が、原因となるといわれています。
まずは普段の生活状況をお聞かせください。染色体の検査などからも不育の原因を見つけていきましょう。
患者様の不安を一つ一つ丁寧に取り除き、小さな命が育つように一緒に考えお手伝いします。

当診療所で行っている不妊・不育治療は、保険適応内のものと、保険適応外になる治療があります。
検査やお薬によっては月の中で保険が使える範囲が限られているものもあります。
都度、医師やスタッフがご説明させていただきますのでご安心ください。

ご夫婦揃って来院されなくても大丈夫です。
パートナーに悩みを打ち明けられていない、仕事の都合が合わないなど、ご夫婦揃っての来院が難しい
場合も、専門医が寄り添ってお話をお伺いしていきますので、肩の力を抜いてご相談いただきたいです。

年齢制限は設けておりません。
女性は、年齢が上がるほど妊娠することが難しくなっていくため、患者様の年齢によっては、事前に
お体のことやリスクについてもお話させていただいた上で、一緒に最善の治療法を考えていきます。

来院された患者様の心と身体がほっとし、ご機嫌になっていただけるような、
アットホームな診療所であることを目指し、日々診療させていただいております。
病院に行く緊張感、溜め込んだストレスや不安、デリケートなご相談などを、
患者様が自然体でお話しできるよう対話を大事にしています。
私たちと一緒に、焦り過ぎず、身体を労わりながら、頑張りすぎない不妊・不育
治療をしていきましょう。

「不妊の原因は私?主人? それとも私たち二人に原因があるの?」
など、気になる症状や病気について、誰でも利用できる相談室で院長がお答えします。

掲示板で相談する

現金にてのお支払い

  • クレジットカードにてのお支払い
  • ※自費診察で1万円以上の一括払いでのお支払のみの対応

クレジットカードでのお支払い希望の場合は、受付でその旨をお伝えください。
(リボ払い等ご希望の場合、ご自身で後からクレジット会社にお問い合わせ頂き、変更して頂くようになります。)

対応クレジットカード会社

※カード決済の場合は別途消費税をいただきます

  • 簡単スマホ決済アプリ「Origami」
  • ※自費診察で1万円以上の一括払いでのお支払のみの対応

さくま診療所では、お支払いが簡単でお得になるスマホ決済アプリ「Origami」 がご利用可能になりました。
自費診療費のお支払いに「Origami」をぜひご利用ください。

  • AppStore
  • googleplay
origami

さくま診療所の医療相談室

大阪 中絶手術情報公式サイトへ

ピル(oc)処方

緊急避妊ピル

休診日:土曜午後・木曜・日曜・祝日

婦人科・一般内科
午前09:30-12:30 画像 画像 画像 - 画像 画像 - -
午後14:00-16:00 画像 画像 画像 - 画像 - - -
午後18:00-20:00 画像 画像 画像 - 画像 - - -
乳腺外来
午前09:30-12:30 - - - - - 画像 - -

乳腺外来は、第4土曜日のみの診療となります。
※ 乳腺外来の先生の都合により診療日が異なる場合がございます。