メインビジュアル

大阪 中絶手術 婦人科 ピル処方

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1-14-14 T・Kビル2F

お問い合わせ06-6241-5814

MENU

月経トラブル gekkei

月経トラブル

女性は月経を巡って様々なトラブルに悩まされています

月経(生理)という女性特有の症状を巡って引き起こされる様々な悩みや違和を感じながら過ごしている方がほとんどだと思います。
生理のことが気になって、時々授業や仕事に集中できない…。
周りのみんなは私みたいに悩みを抱えているのかな…?
女性特有の悩みと言っても、気軽に打ち明けて相談するのは少し勇気が必要ですよね。 話を聞いてほしい時にも当院に気軽にお越しください。

 

 

月経トラブル

月経(生理)の問題やトラブルは様々な種類があります

月経困難症(生理中の腹痛(生理痛)や腰痛・吐き気など)

月経期間中に起こる腹痛・腰痛・吐き気などの症状を月経困難症と言います。いわゆる生理痛もこの月経困難症です。 多くの女性がこの症状に悩まされていますが、ほとんどの場合、特に治療を行っていないケースが多く見られます。

月経困難症(生理痛や腰痛など)について

原因は、子宮内膜症や子宮筋の異常収縮である場合が多く、治療には鎮痛剤によるコントロールや、漢方による体質改善、低用量ピルなどを上手に利用して、症状の軽減を図ります。

無月経・稀発月経・頻発月経

女性ホルモンの分泌異常などにより、3ヶ月にわたり月経がないものを無月経
39日以上3か月以内で発生する月経を稀発月経、また24日以内で発生する月経を頻発月経といいます。 診察や検査によって障害部位や重症度などを調べたうえで、ホルモン剤や漢方薬などを用いて行います。

無月経の原因・種類
  • ストレス性無月経
  • 無理なダイエットによる無月経
  • 過度な運動による無月経
  • 早期閉経
  • 子宮や甲状腺の病気が原因で起こる無月経
稀発月経の原因
  • 過度なストレス
  • 日常生活で過度なストレスがかかると、卵胞期のホルモン分泌が乱れて月経周期に異常がでます。
    過度なダイエットなどで栄養バランスが崩れたり、体重が減り過ぎるのも影響を与えます。


  • 卵巣機能の低下
  • 卵胞が成長しても排卵できずにそのまま卵胞が卵巣内に溜まって機能が低下。また、卵胞の成長を促す女性ホルモンの分泌量が減少、卵巣の機能障害・低下も原因のひとつ。


  • 更年期
  • 更年期・閉経前の月経異常の場合は、月経の周期が短い稀発月経の状態がしばらく続き、 その後に月経周期が長い頻発月経の状態になります。
    そして月経の回数が少しずつ減少し、月経が1年以上ない状態になり、閉経を迎えます。 また、更年期による月経異常の場合は、出血量が過多・過少になる変化も起こります。

頻発月経の原因・種類
  • 初潮後、周期が安定しにくい思春期の成長段階
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 卵巣機能の低下
  • 更年期
  • 黄体機能不全(黄体がうまく機能せず、黄体ホルモンの分泌量が減少して生理周期が短くなる)

月経過多・月経過少

月経量が通常よりも異常に多い場合を月経過多といいます。
症状がひどい場合には貧血の恐れもあります。
主な原因は子宮筋腫・子宮線筋症・子宮内膜ポリープ・子宮内膜増殖症などですが、その他に循環器や血液の病気の疑いもありますので、異常を感じたらまずは検査を受けることをお勧めします。逆に月経量が異常に少ないものを月経過少といいます。
主な原因は子宮内膜萎縮・子宮内膜発育不全・子宮腔癒着・卵巣機能不全などが考えられます。

月経前症候群(PMS)

月経前症候群は生理の約2週間前から起こる心と体のトラブルの総称です。 ホルモンのアンバランスさに伴って日常生活に差し障るさまざまな症状が一群となって現れますが、生理がはじまると消失することがほとんどです。

主な原因
  • ストレス(知人とのいざこざや環境の変化など)
  • 性格や物事の考え方(悩みが多く几帳面・落ち込みやすい)
  • 生活習慣(栄養不足な食生活・お酒やタバコを多くとる
月経前症候群の主な症状と治療法
  • 月経前の下腹の痛み
  • 頭痛
  • 不眠症状
  • 乳房のはり、痛み
  • 腰痛
  • ニキビや肌荒れ
  • 便秘
  • 体のむくみ・吐き気 等
  • イライラや気分の落ち込み
  • 集中力が続かない
  • 無気力躁うつ状態
  • 食欲増進(甘いものを好んで食べる)
  • 仕事が思うように進まなくなる 等

症状にあわせて、ホルモン剤や精神安定剤、漢方薬を組み合わせて症状の軽減・治療をします。

月経にかかわる複雑な女心とも向き合って診察をしています。

ある月を境に今まで周期通りだった生理が、周期はバラバラ、出血量も多かったり少なかったりで安静せずに、心も疲れた…。
「いっそのこと、今日は学校、仕事を休んでしまおうかな。」多くの女性が一度は考えたことがあるのではないでしょうか?
院長佐久間はそんな私たち女性の複雑な心情を理解して診察します。初めは緊張していた方もご機嫌になってもらえます!

 

 

診察
TOP
Web予約
中絶手術
WEB予約
24時間受付
ピル予約
ピル予約
再診専用
医療相談
医療相談
掲示板
無料