性感染症(STD)は男女共に不妊症の原因になる場合もありますので大阪のさくま診療所へ早めにご相談ください。

  • 緊急避妊ピル・避妊相談
  • 低用量ピル(OC)処方
  • 無痛中絶手術
  • 性感染症(STD)
  • 不妊・不育相談/妊婦健診
  • 月経トラブル
  • 子宮がん・乳がん検診
  • 不正出血
  • 子宮と卵巣の病気
  • 更年期障害
  • 性同一性障害(GID)

大阪の心斎橋で膣やおりものに違和感を感じたら無料医療相談室で聞いてみたり、気軽にさくま診療所へご来院ください。

性感染症(STD)はセックスをはじめとする性行為によって感染する病気。
必ずしも自覚症状があるわけではなく、感染が発覚した時には知らない
間に身体を蝕まれ、多くの人に伝染している危険性もある病気です。
握手をしたり、回し飲みやお風呂などの日常生活では感染すること
はありませんので、安心してください。
男女共に不妊症の原因になる場合もあり、子どもに感染したり、
HIV(エイズウイルス)に感染する確率も高まるので、
少しでも不安に感じたら早めの受診を心掛けてください。

  • 1.腟・淋病・クラミジア 7,000円
  • 2.咽頭・淋病・クラミジア 7,000円
  • 3.腟・培養・カンジダ・トリコモナス・雑菌など 3,000円
  • 1+2 9,000円
  • 1+3 8,000円
  • 1+2+3 10,000円

採血による性病検査

  • 梅毒 3,000円
  • HIV 4,000円
  • B型肝炎 2,000円
  • C型肝炎 3,000円

採血による性病検査は、
3項目で-1,000円、4項目で-2,000円割引となります。

クラミジア感染症

クラミジア・トラコマチスという微生物の感染によって発症する、最近一番多くみられる感染症のひとつです。

初期の症状は、無症状かわずかにおりものが多くなる程度なため、発見されにくい疾患です。

子宮頚管炎、卵管炎、骨盤腹膜炎などを引きおこし、不妊症や子宮外妊娠の原因ともなります。
そして感染したまま妊娠すると、流産や早産、赤ちゃんが結膜炎や肺炎になる危険性があります。

感染しているかどうかは分泌物をとって調べたり、血液検査で診断することができます。
治療には各種抗生物質を用いますが、パートナーが感染していれば再び感染(ピンポン感染)する事もあるので、
パートナーと一緒に治療することが大切です。

トリコモナス膣炎

腟トリコモナスという原虫による病気です。

症状は悪臭を持った白または黄色い膿様のおりものがふえて、膣内が熱い感じがしたり、排尿時に痛みを感じたりします。

治療には抗原虫剤を用います。パートナーの7~8割は感染していると言われますが、
男性は感染してもほぼ無症状なので、再感染を防ぐためにも一緒に治療する必要があります。

淋病

淋菌の感染によって起こる病気で性交渉によって感染します。感染すると子宮頸管炎になり、濃い黄色のおりものが出ます。

子宮内膜炎を起こし、下腹部痛や不正出血がおこります。
卵管炎、骨盤腹膜炎が起きて高い熱が出ることもあります。尿道炎や膀胱炎になることも少なくありません。

治療は抗生物質の注射単回投与で行います。抵抗力のある淋菌の場合は、ほかの抗生物質が使われます。
淋病が完治するまでは性交渉は厳禁です。うみで汚れた下着は熱湯消毒を行い、十分乾燥させるようにします。

尖形コンジローム

ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染によって起こります。

感染源の多くは性行為よるもので、陰唇や腟口のまわりにいぼ様の突起物ができます。
いぼが大きい場合は痛みやかゆみがあります。最近子宮頚ガンの発生との関連も指摘されています。

治療は局所麻酔を行い、簡単な手術を行うことで除去できます。日帰りが可能です。
また、最近では保険適応の外用薬もあり、それによる治療も好成績をおさめております。

膣カンジダ症

誰もが持っているカンジダ真菌が膣内に繁殖して起こる病気です。
疲労や妊娠などで、体の抵抗力が落ちている人、糖尿病や抗生物質を長期間服用した人などがかかりやすいようです。

また、季節の変わり目など、体に変調が起きやすい時にも発病しやすい病気です。
ホルモンバランスの関係で生理の前後にのみ一時的に症状が出る人もいるようです。

症状は外陰部に赤い水ぶくれができて不快感があり、ひどく痛んだりかゆくなることもあります。
排尿しにくくなることもあります。また再発することが少なくありません。

治療には抗真菌性の膣剤や軟膏を用います。
症状は3日くらいでおさまりますが、カンジダ菌はまだ膣内に残っており、約2週間は治療を続けなければなりません。
治療期間中はもちろん、普段から不規則な生活を避けることが大切です。
カンジダになりやすい人は抗生剤、ステロイドホルモン、ピルの使用はなるべく避けた方がよいでしょう。

性器へルペス

単純ヘルペスウイルスの感染によって起こり、外陰部に赤い水ぶくれができて不快感や、強い痛みを感じます。

排尿しにくくなることもあります。また再発することが少なくありません。

治療には症状が重い場合は抗ウイルス剤を使用し、再発したヘルペスには塗り薬を用いることもあります。

梅毒

スピロヘータという微生物によって起こる病気で、性交渉だけではなく、接触感染もおこします。

スピロヘータは皮膚や粘膜の小さな傷口から進入し、そこで増殖し、さらにリンパ節に入り込んで全身に広がります。
症状は様々では経過にしたがって変化します。

まず血液検査で血清の梅毒反応を陽性か陰性かを調べます。梅毒反応は感染後4~6週間で陽性になります。
治療には主にペニシリン系の抗生剤を用います。現在、梅毒に感染した妊婦は、早期に治療を始めれば、
胎児に影響を及ぼさずにすみます。
先天梅毒で生まれた子供も、生後1年以内に治療すれば完全に治ります。

軟性下疳(なんせいげかん)

軟性下疳菌が性交によって感染して起こる病気で、潜伏期間は2~3日。大陰唇、小陰唇、腟口などに紅色の丘疹ができます。

丘疹は内側にうみをもっており、破れると痛みのある潰瘍となります。潰瘍はしだいに大きくなり、数も増えます。

治療は抗生物質やサルファ剤の服用や炎症部への薬剤塗布を行います。

鼠径リンパ肉芽腫

潜伏期間は1~2週間で、外陰部に小さい丘疹や水ぶくれがあらわれます。

さらに1週間くらいたつと、太もものつけ根のリンパ節がいくつも腫れてきます。

リンパ節は1つに固まって鶏卵くらいの大きさになり、高熱もみられます。
やがてリンパ節が破れて分泌物が出はじめ、数か月治りません。
治療にはテトラサイクリン系抗生物質を投与します。

性感染症(STD)は、コンドームを着用する・出血の可能性がある性行為をしない
と言った、基本的な知識をもって性行為をすればかなりの確率で防ぐことが出来ます。
ご自身とパートナー。そして未来の我が子の健康にもつながることですので、
早期発見・早期治療を行うためにも定期的に検査をすることをお勧めします。
普段何気なく処理していたおりもの、普段と違いがわからない時は
無料医療相談室で聞いてみたり、気軽にさくま診療所にご来院ください。

「正直感染症の実感はないけど、あの時の事、今になって思い出すととても不安…。」
など、気になる症状や病気について、誰でも利用できる相談室で院長がお答えします。

掲示板で相談する

現金にてのお支払い

  • クレジットカードにてのお支払い
  • ※自費診察で1万円以上の一括払いでのお支払のみの対応

クレジットカードでのお支払い希望の場合は、受付でその旨をお伝えください。
(リボ払い等ご希望の場合、ご自身で後からクレジット会社にお問い合わせ頂き、変更して頂くようになります。)

対応クレジットカード会社

※カード決済の場合は別途消費税をいただきます

  • 簡単スマホ決済アプリ「Origami」
  • ※自費診察で1万円以上の一括払いでのお支払のみの対応

さくま診療所では、お支払いが簡単でお得になるスマホ決済アプリ「Origami」 がご利用可能になりました。
自費診療費のお支払いに「Origami」をぜひご利用ください。

  • AppStore
  • googleplay
origami

さくま診療所の医療相談室

大阪 中絶手術情報公式サイトへ

ピル(oc)処方

緊急避妊ピル

休診日:土曜午後・木曜・日曜・祝日

婦人科・一般内科
午前09:30-12:30
(金曜12:00迄)
画像 画像 画像 - 画像 画像 - -
午後14:00-16:00 画像 画像 画像 - 画像 - - -
午後18:00-20:00 画像 画像 画像 - - - -
乳腺外来
午前09:30-12:30 - - - - - 画像 - -

第2、第4金曜日は19:30に診療は終了となります。ご注意ください。

乳腺外来は、毎月第4土曜日のみの診療となります。
※乳腺外来の先生の都合により診療日が異なる場合がございます。